体型が気になっている人の中には、様々な痩せる方法を試してきた人が多いのではないでしょうか。ダイエット方法として、白湯を飲む方法の話を聞いたことはないでしょうか。このダイエットは、毎日白湯を飲むことで痩せる効果を出すシンプルな方法です。

ダイエットに最適な白湯
白湯のダイエットに興味を持つ女性

ダイエットのために野菜スープを作り置きしよう!保存期間に気を付けよう!

野菜スープ

ダイエットに役立つメニューのひとつに野菜スープがあり、カロリーが低く食物繊維をはじめ、ビタミンやミネラルなど栄養がたっぷりと含まれています。満腹感があるので上手く活用すると空腹を感じなくなりますが、作り置きをしておく場合は保存期間や方法に気を付けるようにしてください。ポイントを押さえておくと、安心して食べられます。

ダイエットの基本は摂取カロリーを控えることです

ダイエットの基本は摂取カロリーを控えることですが、人間には3大欲望として食欲があり、生存本能とも繋がっているので無理は禁物です。太るからといって食べないでいると、摂食障害などのリスクがあるので気を付けなければいけなく、飢餓感を誤魔化して満腹感を得られるようにすることが大切になります。

そこでおすすめなのが野菜スープで、カロリーが低いにも関わらず満腹感があり、しかも栄養バランスが良いです。ダイエットを初めて食事の摂取量を減らすと栄養不足に陥りがちになってしまい、人によっては便秘に苦しめられる場合も出てきます。そういった時にも食物繊維と水分をたっぷりと摂取できるので解消につながってくれて、空腹による飢餓感や、食べてはいけないといったストレスをため込まずに済むはずです。

レシピは数多くあり、野菜を中心にすれば好みの内容で構いません。料理が苦手な方はクックパッドなどを参考にすると良く、毎回同じ内容で味に飽きてしまったという人も、新しい組み合わせが見つかるかもしれません。大切なのは続けることで、ある程度のバリエーションがあった方がよく、さまざまなレシピを参考にすると役立ちます。

またスープに入れる野菜は基本的にはどのようなものでもいいですが、根菜は葉物に比べてカロリーや糖質が高いので控えめにするのが良く、人気が高いのがトマトや白菜、もやしなどです。栄養バランスと味わい、さらに費用面で考えてもおすすめの食材になります。最初は自分の好みでよく、食べやすいものからはじめると苦手な人でも無理なくチャレンジすることができるはずです。

作り置きする時は保存期間に気を付けよう

ダイエットに役立つ野菜スープはそれほど難しい料理ではありませんが、毎食作るのは面倒で、作り置きしておく人が多くなります。ただこの時に気を付けたいのは保存期間と方法で、夏場はもちろん、気を付けないと冬場でも傷んでしまう可能性が出てきます。

特に人気の食材であるトマトやもやし、白菜は傷みやすいところがあるので注意が必要です。特にクックパッドのレシピで作る時には気を付けなければいけなく、一般の投稿で成り立っているので保存状態が悪いと傷んでしまう可能性が出てきます。

作り置きする点としては大量に作りすぎないこと、保存する時はタッパーに入れて冷蔵庫にしまうのが基本です。食べる量によりますが、3日くらいを目安にすると安全性が高くなり、食べる時に鍋に移し替えるか電子レンジで温めてください。

レシピによってはガスパッチョ風などコールドスープとしても美味しく、夏場でも役立ってくれます。

鍋で野菜を煮込んでしっかりと火を通す、作り置きしておくときは急速に冷やして、タッパーに移して冷蔵庫で保管します。

飲む時には少量を別の器にとって温めるのが良く、期間は3日ほどを目安にすると安心です。ポイントは冷蔵、そして唾液など菌の増殖につながるものを入れないようにすることで、自分だけが食べる場合でも保存状態を意識すると食中毒のリスクが少なくなります。

ダイエットに成功するうえで大切なのは持続で、野菜スープは効果的ですが毎回作るのは面倒で嫌になってしまう人も出てきます。手作りする時は3日間を目安に作り置きしておくと楽で、醤油やラー油などを加えて味に変化をつけると、同じレシピでも新鮮な気持ちで食べられます。